れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

ポジティブ野郎は話すことで満足するクソ野郎!

 

これはぼくの実体験、というかぼく自身がクソ野郎という話です。

この2ヶ月間ずっと国内にいたので、とにかく人と話す機会が多かったんですよね。

何度もブログには書いてますけど。

 

そこで自分の旅の話だったり、留学の話だったりを沢山の人に伝える中で、いつも最終的には将来の話に至るわけです。

人生楽しもうぜ!とか、

未来は明るい!とか、

自分の力で生きていく!とかね。

以前、半ば鬱状態だったぼくからすれば素晴らしい変化だし、良いことなんじゃないの?とも思うのですが・・・。

そんな話をした翌日はいつも、体は怠いし、元気はないしで、一日非生産的に過ごしてしまうんですよね。昨日もそうでした笑。

 

昨日は一日中、憂鬱な精神状態の中ぼんやりと原因を考えていました。

そして、答えが出ました。その原因とは、

「今まで行動に使っていたエネルギーを話すことに使ってしまった」

ということです。

おかしな話だけれど、確実にこれが理由です笑。

 


エネルギーをムダに使ったらアカン

 

ポジティブ思考は良いことだろうけど、明るい話をいっぱいして、満足して、次の行動をせずに終わるのは元も子もないです。

ポジティブを演じている、いわゆるエセポジティブ野郎に多いんじゃないかな。

 

とにかくうまくいかなかった経験を経て、自分の考え方を改めなければなぁ、と思っている次第です。

極力楽観的に考えようと意識するあまり、考えだけでなく行動にも影響が出て、やるべきことに手がつかないという本末転倒の状態には、絶対陥ってはいけません。

良い方向に考えるのはいいですが、エネルギーの使い方、余りあるパワーを行動なり、情報発信なり、利口に使わなければいけないのです。

話して満足してたら、30、40歳になっても口だけの人間になってしまいます。

居酒屋で叶うことのない夢や未来の話をしてるだけなんて、イタいだけですよね?

 


ニュートラル思考こそ至高

 

ぼくの場合(あくまで個人的な見解だが)、

ネガティブ思考では、世の中生きづらいでしょう。

ポジティブ思考では、ムダなエネルギーを使ってしまう恐れがあります。

そこで目指すべきはニュートラル思考。いわば中立的なマインドです。

楽しいことがあっても、悲しいことがあっても感情や行動にブレがなく、ただ黙々と自らのタスクをこなすイメージです。

良く言えば、自分の中に芯があるということですね。

世の中は情報や人が目まぐるしく行き来しますが、それでも自分だけは飄々と生きることができたら、周りを気にせずやるべきことに集中できたら、こんな理想的な生き方はないです。

 

まあ、話すことで満足するクソ野郎にならなければ、ポジティブ思考でもいいとは思いますけど

 

とはいっても、人それぞれ適正や志向はあるので、自分に合った、時代に即したマインドを身に付けることが大切ですよ。

くれぐれもポジティブクソ野郎にはならないように。

単純に、明るい話とか自慢話とかされてもうざったいだけだろ!と我ながら思いますしねw