このぼくに働けというのか

タノシイシタイ

人気記事セレクション

イトウワタルのプロフィール

 

初めまして。

立教大学三年、ブロガーのトウワタです。

「旅」「人生」「読書」「映画」「就活」「プログラミング」「面白企画」についての記事を発信してます。

 

f:id:sho0621:20170813045459j:plain

 

大学生活が退屈すぎて2年次に休学したのですが、それは刺激的な世界へと足を踏み入れた瞬間でした。

 

今回は、そんなぼくについて紹介していこうと思います!

 

 

生誕後、東京でスクスク育つ

 

1996年6月21日、予定よりニケ月早く生まれました。未熟児というやつです。

母親の腕に抱かれる前に、救急車で大型病院に搬送されました笑

今はこうして健康に生きていますが!

 

4人家族で、小学生までは東京の不動前で育ちます。

 

父は公務員でインドアな性格。

20歳の頃にメタルバンドでボーカルをやっていたそうです。

 

母は飲食関係の仕事をしているため、手料理のクオリティが異常に高い。

 

兄はギタリストでしたが、夢破れてフリーターといった感じ。

 

そういった環境の中で、なぜかぼくは外向的明るい性格に育ちました。

これといった特徴のない、よくある家族でした。

 

 

クラスのムードメーカーだった小・中学校時代

 

小学校に入る前に、川崎に引っ越します。

 

とにかく明るい少年でした。

クラスでは中心グループの一人で、いつも馬鹿なことをしたりやんちゃしたりの毎日。

でも、昔から勉強だけは得意なんですよね。

 

小学1年生からずっと野球を続けていました。

だけどあまりに下手くそだったので、悩んだ結果、5年生でやめることになります。

そして、中学校に上がるとサッカーに転向。

 

普通の公立学校で普通の日々を送る、普通の子供でした。

 

 

苦い思い出の残る高校時代

 

f:id:sho0621:20170813044506j:plain

 

高校でもサッカーを続けました。純粋に楽しかったからです。

でも想像と違って周りのレベルが高く、結局レギュラーは取れずじまい。

毎日怒られ、走らされ、そんな地獄の日々でした。

 

なぜか体育祭の応援団長も任されました。

モテたかっただけです。

 

全然面白くなかったので学校をよくサボって、一日中寝たり漫画を読んだりしてました。

クソ野郎ですね。

 

そのせいで入学時には良かった成績も急降下。

受験期には半年間死ぬ気で勉強して、なんとか元の学力を取り戻し、大学に合格します。

 

そして卒業前に人生で初めて、好きな女の子にフラれました笑

 

 

自堕落な大学時代前半

 

f:id:sho0621:20170813044314j:plain

 

「食堂のカツ丼が美味しいから」という理由で、立教大学に入学。

ちなみにまだカツ丼は食べたことがありません。

 

華やかなキャンパスライフが待っているはずでした。

が、フラれたことを引きずっていたのでサークルには入らず。

ABCマートや恵比寿の焼肉屋でバイトをしながら、授業をサボって映画を見たり漫画を読んだり。

そんな自堕落な毎日を送っていました。

マジで黒歴史

 

けれど、長期休みに初めてカンボジアへボランティアをしに行き、台湾をひとり旅しました。

そこで旅の楽しさに魅了されたんですよね。

同時に陰鬱な大学生活とのギャップに苦しみ始めることになります。

 

結局、2年次の秋から休学。

 

 

セブ島留学、西日本縦断、インド放浪

 

まずはセブ島に留学し、三ヶ月間みっちり英語を勉強。

おかげで日常英会話は苦労しなくなりましたね。

 

この時期は他の留学生たちと、学生生活4年間分のビールを飲みました。

f:id:sho0621:20170813044627j:plain

(写真右がぼく、左は台湾の兄ちゃんアロン。)

 

 

次にヒッチハイクで西日本縦断することにしました。

東京〜屋久島というルート。

f:id:sho0621:20170813044855j:plain

 

苦しかったけれど、人の優しさに沢山触れました。

また、自分が行動すればなんでもできるのだと気付かされたのはこの時です。

 

旅から帰ってきて、なんとなくブログを始めます。

 

また、インドを一ヶ月放浪しました。

f:id:sho0621:20170813045136j:plain

 

ガンジス川流域にある街バラナシの火葬場では、炎に焼かれる死体を何度も目にし、「死」や「人生」について深く考えるようになりました。

 

こうして半年の休学期間を終えます。

 

 

自分の力で生きるためにプログラミングを学習

 

「自分の力で生きたい、そのためにはスキルが必要っしょ!」

そう考えたぼくは、プログラミングを勉強し始めます。

 

スクールに通ったり独学を進めたりした後は、都内のIT企業で学生プログラマーとしてインターンを始めることに。

次第にブログからは離れていきます。

 

ちなみに、大学に通いながら習得できると思ったので復学しました。

久しぶりに受けた授業は、前よりも興味深く感じたんですよね、不思議と。

 

 

インターンを投げ出しブログに目覚める!

 

約4ヶ月間インターンとして働きプログラミングを学んで来ましたが、どうしても違和感が拭きれず退職。

 

平日は毎日残業、土曜日は新しい知識の習得、日曜日は寝溜めというサイクルに絶えられなかったんです。

きっと合ってなかったんでしょう。

 

これでまた何もない大学生活に戻りました。

でも、ふと机の上のMacBookに目をやった時、大事なことに気付かされたんです。

 

「ぼくにはブログがあるじゃないか・・・」と。

 

 

 

f:id:sho0621:20170813194940p:plain

 

 

 

「ふむふむ。影響力を鍛えられるし、面白いことを多くの人に届けられるし、上手く行けばそれで稼げるとな?」

 

そんな甘い考えでブログを再開しましたが、今は本気でSEOやWebライティングの勉強してます。

とにかく楽しくてしょうがないんだな、これが。

 

 

趣味・嗜好

 

好きなアーティスト

 

ゴールデンボンバー

→中学生の時から7年間も応援しています。見た目と繊細さのギャップがたまらん。

 

エド・シーラン」

→2017年にどハマりしました。抱かれてもいいくらい好き。

 

ボブ・ディラン

→元気がない時はよく聴きます。下手くそなハーモニカがいい味出してます。

 

好きな映画

 

「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」

→老人の姿で生まれ、赤ちゃんになって死んでいく話。ブラピです。

儚いストーリーが泣けるけど、設定のクセが凄い!

 

「イントゥ ザ ワイルド」

→アメリカの有名大学を卒業した男が、この世の真理を求めて荒野を目指しながら旅をする話。つい何回も見ちゃうんですよね。

 

X-Menシリーズ」

→有名すぎるアクション映画。マグニートーがかっこよすぎる。

 

好きな本

 

ノルウェイの森

村上春樹さんの最高傑作。世界で一番好きな小説です。一時期は肌身離さず抱えていました。

 

「ゼロ 何もない自分に小さなイチを足していく」

ホリエモンの一番売れてる本。これを読んでから、人生が思わぬ方向に傾き始めました。

 

 


 

 随時更新しています。

 

人気記事セレクション