れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

【岩手】日本三大鍾乳洞の『龍泉洞』が幻想的すぎて感動した

 

こんちは!

さっき一週間の東北旅行から帰ってきたわたぽんです。

 

今回、岩手県にある龍泉洞に行ってきたので紹介します!

 

 

龍泉洞』とは?

 

龍泉洞(りゅうせんどう)は、日本岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞岩泉湧窟(いわいずみわっくつ)とも言う。

総延長約1,200m(日本の洞窟中第62位)。高低差約249mは日本の洞窟中第5位

秋芳洞山口県美祢市)・龍河洞高知県香美市)と共に「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられる。

また、地底湖龍泉洞地底湖の水として1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された

 

引用:龍泉洞 - Wikipedia

 

簡単に言うと、自然の作り出した洞窟のことです。

なんだか文字ばっかでよくイメージできませんよね笑

 

とりあえず写真撮りまくってきたので、その美しさをチェックしてみてください!

 

 

というわけで行ってきた

 

現在朝の9:40、まずは盛岡駅からバスに乗ります。

気持ちよく迎えてくれました。

「よくおでんした 盛岡さ!」

 

f:id:sho0621:20170824153726j:plain

 

駅前の蕎麦屋で月見そばを喰らいます。

味はまあまあ。

 

f:id:sho0621:20170824154037j:plain

 

9:40、バスターミナル一番乗り場に龍泉洞行きのバスが来ました!

 

f:id:sho0621:20170824154145j:plain

 

車体にデカデカと龍泉洞の文字が書かれているので、間違えることはないでしょう笑

早速乗り込みます。

ここから道の駅での休憩を挟んで、約1時間30分

 

f:id:sho0621:20170824154317j:plain

 

11:00に到着。

うーん、山奥で空気が美味しい!

近くにコンビニはありませんが、売店・レストラン・自動販売機はあります。

飲み物は入り口付近で買っても問題ないかと!

 

f:id:sho0621:20170824154559j:plain

 

入ってすぐなにやらありました。

「ふむふむ・・・。恋人の聖地?」

 

お決まりですが、一人でパシャり。

その虚ろな目は何を見つめているのだろう・・・。

 

f:id:sho0621:20170824154821j:plain

 

気を取り直してチケットを購入します。 

 

f:id:sho0621:20170824155141j:plain

 

大人一人分で1000円、ちょっと高い。

併設の科学館も入れるそうですが、今回は時間がないので素通りします。

 

f:id:sho0621:20170824155042j:plain

 

それでは中へレッツゴー!!

 

f:id:sho0621:20170824155505j:plain

 

ふと温度計に目をやると、洞内温度が10.6℃だとか。

 

f:id:sho0621:20170824155445j:plain

 

 

 

「10.6℃!?殺す気か!!」

 

 

 

f:id:sho0621:20170824164437p:plain

 

ぼくは無謀にも半袖短パンという格好でした。だって夏ですもの・・・。

 腹をくくって、中へと入っていきます。

 

 

 

入り口からドラクエ感があります。

ていうか、この時点でめっちゃ寒い・・・。

 

f:id:sho0621:20170824160146j:plain

 

少し歩くと「長命の淵」があります。

青くライトアップされていて美しい。

 

f:id:sho0621:20170824160306j:plain

 

どうやら龍泉洞はコウモリの生息地として有名らしいです。

先に言ってくれ。

 

f:id:sho0621:20170824160522j:plain

 

少し滑りやすいけど、整備されていて歩きやすい。

 

f:id:sho0621:20170824160638j:plain

 

勢いがすごい!

落ちたらどうなるんだろ。

 

f:id:sho0621:20170824160808j:plain

 

「龍の淵」

岩肌がどことなく龍っぽいかも。

 

f:id:sho0621:20170824160913j:plain

 

「地蔵岩」

見たところ、誰もお賽銭を入れてませんでした(どうでもいい)。

 

f:id:sho0621:20170824160951j:plain

 

「守り獅子」

ぼくにはよく分かりませんでした、すいません笑

 

f:id:sho0621:20170824161551j:plain

 

また少し歩きます。

洞内が幻想的で、ずっと眺めていても全然飽きません。

暗闇なので、ちょっとブレてるのは許してください←

 

f:id:sho0621:20170824161736j:plain

 

有名な地底湖エリアに入ります。

道順やエリアの表示があるので分かりやすいですね。

 

f:id:sho0621:20170824161835j:plain

 

急な階段を降りていきます。

滑りやすいので気をつけて。

 

f:id:sho0621:20170824161958j:plain

 

こちらが「第一地底湖」

エメラルドグリーンで綺麗すぎる・・・!

 

f:id:sho0621:20170824162138j:plain

 

次に「第二地底湖」

第一地底湖よりもさらに深いらしいです。

これまた美しい。

 

f:id:sho0621:20170824162243j:plain

 

「第三地底湖」

水深はなんと98m!!

何と言っても透明度がすごい。

 

f:id:sho0621:20170824162344j:plain

 

そして、今度は階段を登っていきます。

見てくださいこの躍動感!(ブレてるだけ)

 

f:id:sho0621:20170824162616j:plain

 

階段の途中にワインの貯蔵庫が。

なんとなく美味しそう。

 

f:id:sho0621:20170824162746j:plain

 

ふと下を見ると、あら綺麗。

 

f:id:sho0621:20170824163023j:plain

 

「洞穴ビーナス」

女神様が見えますか?

ちょっとテカっててエロい。

 

f:id:sho0621:20170824163108j:plain

 

ラストが「長命の泉」

ここまで透き通った水も珍しいなあと思いました。

ということで、外に出ます!

 

f:id:sho0621:20170824163151j:plain

 

洞内との温度差15℃。

メガネがめちゃくちゃ曇りました笑

 

f:id:sho0621:20170824163607j:plain

 

近くには無料コインロッカーがあるので、大きい荷物を預けることができます。

 

f:id:sho0621:20170824163639j:plain

 

売店では、日本名水百選にも指定されている龍泉洞の水が飲めます!

140円!安い!

 

f:id:sho0621:20170824163732j:plain

 

でも、すぐ近くで無料で飲めるんですよねえ笑

ミネラル豊富で美味しい。

 

f:id:sho0621:20170824163753j:plain

 

レストランは2件あります。

値段はちょっと高い。観光地価格というやつです。

 

f:id:sho0621:20170824163816j:plain

 

龍泉洞黒豚ドッグを購入。

どの辺が名物なのか分からないけど、普通に美味しかった。

 

f:id:sho0621:20170824163834j:plain

 

そして13:30のバスで盛岡駅前に帰ります。

到着予定時刻は15:44。

こうして龍泉洞観光は終了!

 

f:id:sho0621:20170824163900j:plain

 

観光情報

 

龍泉洞の見所

 

悠久の時が生んだ芸術品の様な鍾乳石たち。

世界有数の透明度の目の覚めるような青い地底湖。

龍泉洞は一度見れば忘れられない感動を味あわせてくれることでしょう。

 

引用:龍泉洞を知る//岩泉町・龍泉洞WEBサイト

 

とにかく息を飲むほどの絶景です。

死ぬまでに一度は見ておくべき!

 

 

服装・注意点

 

洞内の気温は一年中10℃前後なので、夏場でも一枚羽織るものを持ってくるべき。

忘れたとしても、スタッフに伝えればジャンパーを貸してくれるそうですよ!

 

鍾乳洞の石筍からは常に雫が落ちてきます。

カッパや傘があると濡れないですみますね。

 

通路が整備されていると言っても、湿っていて滑りやすいので、スニーカーや運動靴をオススメします!

 

また、ゴールデンウィークとお盆には一日6000人くらいの観光客が訪れるので、ゆっくり観光したい時は時期を外した方がいいかもですねえ。 

 

参考:ご利用案内//岩泉町・龍泉洞WEBサイト

 

 

アクセス

 

車の場合↓

f:id:sho0621:20170824170355p:plain

 

電車の場合↓

 

f:id:sho0621:20170824170439p:plain

 

バスの場合↓ 

 

f:id:sho0621:20170824170629p:plain

 

f:id:sho0621:20170824170645p:plain

龍泉洞を知る//岩泉町・龍泉洞WEBサイト

 

 

山奥にあるためアクセスは悪いですが、行く価値は大いにあります。

オススメは盛岡駅からバスですね!

 

まとめ

 

盛岡市内から少し離れていますが、行ってよかったなあと思います。

エメラルドグリーンの地底湖がめちゃくちゃ綺麗で、吸い込まれそうになりました。

岩手を訪れる時は、ぜひ足を運んで見てください!

 

では!