れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

【2017】大学生インド1人旅①〜ニューデリー編〜

f:id:sho0621:20171028105244p:plain

わたぽんです。今年2017年1/12~2/1まで、インドを1人旅していました。

 

帰国してからもう8ヶ月が経ったけど、「どうせなら旅行記を残しておこうか」とふと思ったので、全5部作で記事にします!

  1. ニューデリー
  2. アグラ編
  3. バラナシ編
  4. ブッダガヤ編
  5. コルカタ

 

今回は混沌の国インドの首都・デリー編でございます。

 

東京〜北京〜デリー

羽田空港を出発

f:id:sho0621:20171027155055j:plain

1/12(火)、出発の朝は穏やか。お昼頃、羽田空港にやってきました。これから北京経由でデリーへと向かいます。

 

f:id:sho0621:20171027155333j:plain

飛行機へ乗る前に腹ごしらえ。これから1ヶ月くらい日本食が食べられないので、最後の晩餐です。みそ汁が飲みたかったので吉野家へ。

 

f:id:sho0621:20171027155348j:plain

牛丼大盛りサラダセットをかきこみます。牛丼が食べられなくなるのかあ。

 

f:id:sho0621:20171027160309p:plain

搭乗アナウンスを待ちながらぼーっとしていると、台湾の友達からメッセージが。「まじ気をつけろよ!兄弟」って言われました。惚れてまうやろ...。

 

f:id:sho0621:20171027160449j:plain

そして出国。首にはネックピロー(さっき空港で買った)、顔にはマスクとメガネ、爆睡する準備万端!

 

というわけで飛行機に乗り込みます。まずは3時間かけて北京国際空港へ!

 

機内でコーヒーをごちそうになりました!

f:id:sho0621:20171027160839j:plain

座席に寄りかかってうたた寝していると運ばれてきました。中国東方航空機内食はわりと美味。CAさんも超可愛いし。

 

あっという間に北京へ到着。ふと気がつくと、こっちをチラチラ見てるインド人が。なんか怖い。と思ったら話しかけて来おった!

 

https://2.bp.blogspot.com/-PCpL5h4uEco/UgsvXD5Dc8I/AAAAAAAAXVg/rPflKlyJ5mw/s180-c/world_india_man.png

「日本人?おれネパール人なんだけど、港北に住んでるんだよねー!」

 

ネパール人かい!てか日本語うますぎやろ(3年間勉強してるらしい)。

f:id:sho0621:20171027160850j:plain

色々ツッコミどころあったけど、とりあえず記念にパシャり。おそろいの帽子でちょっと恥ずかしかった。

 

ネパール・カトマンズに行く彼と別れ、すぐにデリー行きの飛行機へ搭乗。この辺から頭にターバン巻いた人がぞろぞろいて、ちょっと興奮した。

 

機内に入り座席につくと、隣はインド人の社長でした。保険会社を経営してるそう。けっこう仲良くなって、ぬるいインスタンスコーヒーをごちそうになりました。

 

君の名は。」を観てたらあっという間に到着。デリーのインディラ・ガンディー空港です。

f:id:sho0621:20171027160910j:plain

あの手なんなん。「とうとうインドか...」と感じました。

 

インド人社長の家にアポなしで宿泊...?

着いたのは深夜3時近く。もともと空港泊する予定だったので社長とはお別れ、のはずでしたが...。

 

https://2.bp.blogspot.com/-PCpL5h4uEco/UgsvXD5Dc8I/AAAAAAAAXVg/rPflKlyJ5mw/s180-c/world_india_man.png

「え?空港に泊まんの?じゃあ、家に来ちゃいなよユー!」

 

 

!?

 

 

いやいや!仲良くなったとはいえ、なんで見ず知らずの人の家に泊まるんだよ!しかもインド人だし!超うさんくせええええ!!!

 

「いや・・・。でも、悪いから、さ。やっぱ空港で時間を潰すよ・・・」

 

うまい。優しくオブラートに包み込み、相手を傷つけないよう配慮した完璧な回答。しかし、

 

https://2.bp.blogspot.com/-PCpL5h4uEco/UgsvXD5Dc8I/AAAAAAAAXVg/rPflKlyJ5mw/s180-c/world_india_man.png

「え?空港に泊まんの?じゃあ、家に来ちゃいなよユー!(2回目)」

 

相手はまったく引かない。そして1日の疲れが溜まっていたぼくは、とうとう折れてしまいました。そう、やりとりがめんどくさくなって、社長宅に泊まることにしたのです...。

 

タクシーに乗せられグルガオンへ。グルガオンはデリー近郊の町で、外資系の高層ビルが立ち並ぶ開発地域。

 

社長はシェアハウスに住んでました。もう一人屈強な男がいたけど、普通に優しかった。二人ともただのビジネスマンのようです。 

f:id:sho0621:20171027160925j:plain

「このダブルベッドで寝なよ!」と言われて案内された部屋。かなり清潔。

 

f:id:sho0621:20171027160943j:plain

でもなんでしょうね、この不気味な感じ。印刷した切り抜きが壁中に貼ってありました。良い人だとは思ったけど、一応貴重品を抱えて眠りました。

 

今思えば、相手が強盗かゲイだったら終わってました。くれぐれも知らない人について行ってはいけません、ホントに。

 

ニューデリーの街を歩いてみた

グルガオンの街を無一文で歩き回る

朝9時くらいに叩き起こされました。どうやら二人とも仕事に行くそう。お礼を言って社長宅を後にします。

 

https://2.bp.blogspot.com/-PCpL5h4uEco/UgsvXD5Dc8I/AAAAAAAAXVg/rPflKlyJ5mw/s180-c/world_india_man.png

「もっと寝たいなら、家で待っててもいいけど」

 

どんだけ寛大なんだろうこの人たちは。さすがに悪いので、デリーへ向かいます。

 

ここで両替し忘れたことに気づきました。タクシーに乗ろうと思ったら、財布が空っぽだったのです。

 

それから2時間ほど、無一文でグルガオンの街を歩き回るハメに。水も朝ごはんも買えなかった。インドへ行く際は少額でいいので、必ず空港で両国しましょう。

 

人に聞きまくってなんとか両替所を発見、なんとかルピーを手に入れました。高値をふっかけられるも、タクシーに乗り込みニューデリーへ向かいます。

 

日本人宿サンタナ

ようやくニューデリー市内へと入りました。見渡す限り人、人、人、たまに牛。

 

地球の歩き方」に載っていた、日本人宿サンタナを目指します。空腹・疲労・ストレスが限界。結構きつかった。

 

途中、若いインド人に話しかけられました。

 

https://2.bp.blogspot.com/-PCpL5h4uEco/UgsvXD5Dc8I/AAAAAAAAXVg/rPflKlyJ5mw/s180-c/world_india_man.png

「おれオーストラリアでワーホリしてるんだ!久しぶりに帰って来たの!道案内しようか?」

 

ガイドブックで読んだ詐欺師っぽいなあ。警戒しながらついていってみると、観光案内所へ連れてかれました。詐欺。

 

*インドでは、「慣れない観光客にフレンドリーに話しかけ、観光案内所やお店に連れて行き、高値で売りつける」といった詐欺が多発してます。街中で馴れ馴れしく話しかけてくるインド人がいたら、99%疑いましょう。

 

その後地図を頼りに、サンタナへ。3泊で1200ルピー(3000円弱)。 

f:id:sho0621:20171027161028j:plain

共用スペース。ここで2日間ご飯を食べました。

 

f:id:sho0621:20171027161019j:plain 3人部屋のドミトリー。クーラーはないけど、扇風機があります。ベッドは清潔。

 

f:id:sho0621:20171027171139j:plain

トイレ。インド人は左手でおしりを吹きます。

 

f:id:sho0621:20171027171143j:plain

 水しか出ないシャワー。死ぬかと思った。

 

f:id:sho0621:20171027171133j:plain

朝ごはんが出ます。「パン・スープ・チャーイ」の三点セット。普通に美味しい。

 

宿泊客は100%日本人。初めてインドに行く人にオススメの日本人宿サンタナ!ばんざい!

 

インドグルメを堪能

カレー大好きわたぽんです。本場のカレーを始め、色々なインドグルメをたくさん食べました。 

f:id:sho0621:20171028101530p:plain

まずは1品目、店員おすすめの『チキン・カレー』

スパイスの効いたカレーとよく煮込んだ鶏肉のコンビがGood。ただし辛い。

 

f:id:sho0621:20171028101611p:plain

 2品目、『ベジ・カレー』

とってもヘルシー。ただし死ぬほど辛い。

 

f:id:sho0621:20171027172637j:plain

3品目、駅前の食堂で食べた『ターリー定食』

辛すぎて涙が止まらん。

 

f:id:sho0621:20171027172726j:plain

4品目、同じく駅前の食堂で食べた『生野菜』

このあとめちゃくちゃ下痢した。

 

f:id:sho0621:20171028101655p:plain

5品目、『ジャム付きチャパティ

「お腹空いてないんだよねえ」と言ったら、どさっと出された。味があんまりしなかった。

 

この旅を通してカレーが嫌いになりました。現場からは以上です。

 

ニューデリーの街をふらっと散策

f:id:sho0621:20171028102247j:plain

ゲストハウスを出て街を散策。想像していたよりも、道路はキレイでした。

 

f:id:sho0621:20171028102256j:plain

ゲストハウスやお店が立ち並ぶメインストリート。雑多な感じがインドっぽいですね。

 

f:id:sho0621:20171028102346j:plain

わんこを発見。ここまでやる気のない犬は見たことねえ。

 

f:id:sho0621:20171028102312j:plain

ニューデリー駅前に来ました。オートリキシャ(タクシーのバイク版)と詐欺師がいっぱいいます。

 

f:id:sho0621:20171028102330j:plain

これがオートリキシャ。「ON DUTY(勤務中)」なのにサボっとる!

 

f:id:sho0621:20171028102306j:plain

駅前の露店。どれもバッタもんだが、めちゃくちゃ安い!

 

f:id:sho0621:20171028102455j:plain

「No picture!」と言われましたが構わずパシャり。駅前には多くの食堂があります。観光案内所も多いけど、だいたいボッタクリなので注意!

 

f:id:sho0621:20171028102445j:plain

少年も普通に働いてます。労働基準法?なにそれ

 

f:id:sho0621:20171028102356j:plain

大通りに出ました。「ビー!ビー!」とクラクションが鳴り止まない。うるさい。

 

f:id:sho0621:20171028102410j:plain

インド名物・ラクダみたいな牛。

 

f:id:sho0621:20171028102419j:plain

われらがマクドナルドです。ベジタリアンメニューが豊富です。後ほどコルカタで、マハラジャバーガーを食べました。

 

f:id:sho0621:20171028102511j:plain

意外にもキリスト教のお墓。ヒンドウー教、イスラム教、仏教だけじゃないんですね。まさに混沌の国です。

 

f:id:sho0621:20171028102524j:plain

また死にかけた犬を発見。

 

f:id:sho0621:20171028102538j:plain

ピーナッツ専門店です。眺めていたけど、誰も買ってませんでした。

 

f:id:sho0621:20171028103143j:plain

ニューデリー唯一の善人、スパイス屋さん夫婦。すごくいい人たちでした。

 

f:id:sho0621:20171027161043j:plain

おっちゃんとパシャり。チャーイを奢ってくれました。

 

f:id:sho0621:20171028103934j:plain

チャーイを売ってる兄ちゃんとも仲良くなりました。

 

f:id:sho0621:20171028103958j:plain

一杯10ルピー(17円)。紅茶にシナモン?が入った飲み物。うまし。

 

f:id:sho0621:20171028104014j:plain

あとはクリケットを見物したり、

 

f:id:sho0621:20171028104047j:plain

めちゃくちゃキレイなメトロに乗ってみたり、

 

f:id:sho0621:20171028104031j:plain

「赤い城」ことラール・キラーを眺めたり、

 

f:id:sho0621:20171028104105j:plain

神秘的なモスクに感動したりと、

 

f:id:sho0621:20171028104122j:plain

思う存分ニューデリーを満喫しました。見てください、この浮かれ顔。

 

f:id:sho0621:20171028104130j:plain

 

f:id:sho0621:20171028104143j:plain

運転がめちゃくちゃ荒いので、ブレブレwww

 

そんな感じで、次はタージ・マハルのある街・アグラへと向かいます!

 

次の記事:【2017】大学生インド一人旅②〜アグラ編〜