れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

【2017】大学生インド一人旅②〜アグラ編〜

f:id:sho0621:20171101101744p:plain

 

わたぽんです。

 

前回の記事:【2017】大学生インド1人旅①〜ニューデリー編〜

 

ニューデリーを後にして、タージ・マハルのある街アグラへと向かいます。

ニューデリーからアグラへ

f:id:sho0621:20171102143947p:plain

ニューデリー駅から少し離れたデリー・サライ・ロイーラ駅から電車に乗ります。

 

f:id:sho0621:20171102150119j:plain

その前に腹ごしらえ。あまりお腹が減ってなかったので、マサラ・ドーサを頂きます。80ルピー(140円)。

ピリ辛のマッシュポテトを、薄い小麦粉の生地で包んだ料理。美味しかった。

 

f:id:sho0621:20171102150105j:plain 電車に乗り込みます。乗車予定時間は約3時間。

 

f:id:sho0621:20171102144049p:plain

今回は「Sleeper Class」という、二番目に安い席。車内の様子を撮影していたら、となりのインド人に怒られました(笑)

 

 f:id:sho0621:20171102151609j:plain

電車の連結部分から外を眺めてみる。市内はキレイになりつつあるけど、郊外はまだまだゴミで溢れかえっているようです。

 

f:id:sho0621:20171102144224p:plain

何よりも衝撃的だったのはトイレ。噂に聞いてましたが、糞尿垂れ流しでした。線路の上はめちゃくちゃ汚い。

 

f:id:sho0621:20171101095845j:plain

そんなこんなで、アグラ・カント駅に到着。ここからオートリキシャでアグラ市内へと向かいます。30分くらい。

 

アグラの街を観光する

街を歩いてみた

f:id:sho0621:20171101095249j:plain

こちらがアグラのセンター街。広場を中心に、レストランや雑貨店が軒を連ねます。

 

f:id:sho0621:20171101095758j:plain

二階のレストランから見える景色。ニューデリーと比べると、みんなのんびりしてます。

 

f:id:sho0621:20171101095828j:plain

なぜか全てのお店の看板は一緒。決まりがあるみたいです。こちら「バッファロー・ミート・ショップ」では、店内からバッファローの断末魔の叫び声が聞こえました(本当)。

 

 f:id:sho0621:20171102151713j:plain

でも少し歩くと、スラム街。同じ街とは思えないほどの「差」を感じました。今でもカースト制度が残っているんでしょうね。

 

 f:id:sho0621:20171102151742j:plain

空き地では子供たちが遊んでいました。手前のおばあちゃん、膝の角度がスゴい。

  f:id:sho0621:20171102151810j:plain

バグダッド・カフェっぽい。

 

f:id:sho0621:20171102151846j:plain

ニューデリーと比べるとアグラは田舎で、特にやることはありませんでした(笑)。長居はオススメしません!

 

アグラで食べたグルメ紹介 

f:id:sho0621:20171102152032j:plain

最初に食べたのがこちらの親子丼、100ルピー(170円)でした。細長い米の上に、焦げた卵とチーズが乗っかってます。 

 

f:id:sho0621:20171102152253j:plain

焼肉定食、130ルピー(230円)。米はパラパラ、具はほとんど野菜。

 

f:id:sho0621:20171102152219j:plain

フレンチトースト、45ルピー(80円)。今回の旅で一番美味しかったかも。

 

ホテルが激安!

f:id:sho0621:20171102154025j:plain

初日に飛び込んだホテル、1泊900ルピー(1,600円)。シャワーからお湯が出るので天国でした。

 

f:id:sho0621:20171102154125j:plain

2日目の「ホテル・サファリ」は激安。

 

f:id:sho0621:20171102154209j:plain

1泊180ルピー(320円)。これだけ清潔でこの値段!安すぎる!

 

人懐っこい田舎の人たち

スラム街を歩いている外国人は珍しいらしく、「写真撮ってよ!」とよく声をかけられました。

 

f:id:sho0621:20171102152639j:plain

おっさんに呼び止められたり、

 

f:id:sho0621:20171102152718j:plain

子供たちに囲まれたり。

 

f:id:sho0621:20171102152610j:plain

なんだかよくわからん状況。でも悪い感じはしませんでした!

 

いざタージ・マハルへ!

f:id:sho0621:20171101100537j:plain

いよいよ世界遺産タージ・マハルへ向かいます。近くにはお土産屋がたくさん。

 

 f:id:sho0621:20171102153829j:plain

チケット売り場でチケットを買います。外国人料金1,000ルピー(1,800円)。

 

f:id:sho0621:20171101100557j:plain

セキュリティチェックを受け、中へ。

 

f:id:sho0621:20171101100605j:plain

歩いてると、立派な門が見えてきます。これを抜けると、

 

f:id:sho0621:20171101100634j:plain

キター!!タージ・マハル!!めっちゃ白い!

 

f:id:sho0621:20171101100659j:plain

ちょっと近づいてみましょう。う、美しい...。右の柱がたまたま工事中で、残念でしたが。

 

f:id:sho0621:20171102152527j:plain

サウジアラビア人の青年とパシャり。

  

f:id:sho0621:20171101100738j:plain

なんと中にも入れます!チケットを係員に見せると青い袋がもらえるので装着。

 

f:id:sho0621:20171101100801j:plain

周りについていきます。

 

f:id:sho0621:20171101100814j:plain

そしてタージ・マハル内部へ。中央には、王妃ムムターズ・マハルの棺桶が置いてあります。暗く、やけに涼しい風が通っていて、なんだか不気味な感じがしました。

 

f:id:sho0621:20171102152324j:plain

アグラ市内にはこれでもかというくらいルーフトップレストランがあるので、食事を楽しみながら眺めるのもいいかと思います。 

 

次の記事:【2017】大学生インド一人旅③〜バラナシ編〜