れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

大学生インド一人旅④〜ブッダガヤ編〜

f:id:sho0621:20171108160707p:plain

わたぽんです。

 

こちら前回の記事→【2017】大学生インド一人旅③〜バラナシ編〜

 

今回は仏教の祖ブッダが悟りを開いた地・ブッダガヤ編でございます。

鈍行列車でブッダガヤへ

f:id:sho0621:20171104180308j:plain

バラナシ駅から4時間かけて、ガヤ駅へ。

 

f:id:sho0621:20171104180836j:plain

お決まりの2時間遅れ。ぼーっとしながら待ちます。

 

f:id:sho0621:20171104180912j:plain

どうでもいいけど、

 

f:id:sho0621:20171104180946j:plain

こんなに姿勢で寝る犬は見たことない。暑いんでしょうね、さすがインド。

 

f:id:sho0621:20171104181023j:plain

何はともあれ電車に乗り込みます。ガヤ駅に着いたとき優しい若者二人組が教えてくれたので、問題なく下車しました。

 

仏教の街・ブッダガヤを観光してみた

ど田舎にある聖地ガヤ

f:id:sho0621:20171108153025j:plain

ガヤは思ったより小さな町。ニューデリーやバラナシとは比べ物にならないレベルです。

 

f:id:sho0621:20171108153511j:plain

田舎なのに、大通り沿いにズラーっと露天が立ち並んでいたのは意外でした。

 

f:id:sho0621:20171108153539j:plain

多くの店で東南アジア系やチベット系の人たちが、仏教関連の道具を売っています。インドじゃない違う国に来たようにさえ感じました。

 

f:id:sho0621:20171108155050j:plain

インド人の自由奔放さは全国共通。

 

f:id:sho0621:20171108153720j:plain

「いや、やっぱインドだわ」と安心。

 

ともあれ仏教の聖地ということで、今まで訪れた他の街とはまるで様相が違います。1つの国にさまざまな宗教や文化が入り乱れているので、違いを楽しめますね!

 

f:id:sho0621:20171108153900j:plain

ただ気になったのは、「仏教ゴリ押ししすぎじゃない?」ということ。『ブッダ・ヘアカッティングサロン』や

 

f:id:sho0621:20171108153939j:plain

ブッダ・ゲストハウス』を見て感じました。絶対関係ないやん...。

 

日本寺を訪問しました

f:id:sho0621:20171108155006j:plain

ブッダガヤには各国の仏教寺があります。それぞれの国によって建築様式や慣習がまた違うので、興味深いんです。

 

f:id:sho0621:20171108154035j:plain

我らが日本寺。ウェルカムな雰囲気で、係員の人が笑顔で招き入れてくれました。

 

f:id:sho0621:20171108154141j:plain

大きな鐘や、

 

f:id:sho0621:20171108154204j:plain

本殿。いかにも日本っぽい感じですよね。

 

f:id:sho0621:20171108154255j:plain

印象的だったのは、敷地内にある学校『菩提樹学園』。

 

f:id:sho0621:20171108154311j:plain

日本の援助によって運営されているらしく、日本民謡を歌っている子供たちの姿がとても微笑ましかったです。

 

f:id:sho0621:20171108154442j:plain

生徒たちと仲良くなりました。仲睦まじい兄弟。

 

f:id:sho0621:20171108154526j:plain

彼らの家の周りはこんな感じでした。インドは急速に経済発展してるというけど、まだまだ田舎の方は貧しいのでしょう。「格差」を肌に感じました。

 

滞在先はお寺の1宿坊

f:id:sho0621:20171108154643j:plain

なんとブッダガヤではお寺に泊まれます。ドミトリー1泊150ルピー(円)!

 

f:id:sho0621:20171108154612j:plain

日本寺のすぐ隣にある仏心寺。こちらの宿坊で3日間過ごしました。

 

f:id:sho0621:20171108155211j:plain

朝夕には座禅体験が無料でできます(ぼくは参加しそびれました)。

 

f:id:sho0621:20171108154724j:plain

ちょっと仲良くなった少年。

 

f:id:sho0621:20171108155231j:plain

宿坊内には仏教関連の本がたくさんあります。まさかインドで『聖☆おにいさん』を読むとは(笑)

 

f:id:sho0621:20171104181406j:plain

屋上から見た景色。この穏やかな空気に癒されました。

 

ブッダガヤグルメを堪能

他の街とは違い、タイ料理やチベット料理が楽しめます。インドカレーにすっかり飽きたぼくはめちゃくちゃ嬉しかった!

 

f:id:sho0621:20171104181119j:plain

オススメは『フジグリーンレストラン』のモモ、100ルピー(175円)。モチモチの皮の中に、肉汁たっぷりの餡が入ってます。

 

f:id:sho0621:20171108153350j:plain

店員は適当だけど、味は文句なし!

 

f:id:sho0621:20171108153325j:plain

ちなみに3人の店員はみんな、『ミッション:インポッシブル』のインド版を眺めてました。

 

f:id:sho0621:20171108153159j:plain

『Be happy caffe』では洋食が楽しめます。店主は、インド人の夫を持つイギリス人。美人です。

 

f:id:sho0621:20171104181435j:plain

こちらのスパゲティー200ルピー(350円)がすごくおいしかった。インド料理に飽きたらぜひ!

 

いざ世界遺産へ!

いよいよ世界遺産・マハーボディー寺院へ向かいます。町の中心にあるので分かりやすいかと。

 

f:id:sho0621:20171108155448j:plain

まずはチケットカウンターでチケットを購入。100ルピー(175円)。

 

f:id:sho0621:20171108155511j:plain

入り口をまっすぐ進み、簡単なセキュリティチェックを受ける。

 

f:id:sho0621:20171108155603j:plain

そしてマハーボディー寺院とご対面!圧倒的な存在感!

 

f:id:sho0621:20171108155644j:plain

近くに寄ってみると、精巧な建築物であることが分かります。

 

f:id:sho0621:20171108155840j:plain

寺院の周りは多くの仏教徒でひしめき合っていて、経文を読み上げたり、礼拝を捧げたりしています。そんな光景に心揺さぶられました。

 

f:id:sho0621:20171108160007j:plain

修行僧も数え切れないほどいます。

 

f:id:sho0621:20171108155706j:plain

このマハーボディー寺院。どうやら中に入れるそうなので、入ってみました。

 

f:id:sho0621:20171108155953j:plain

内部にはブッダの彫像。ぼくは仏教徒じゃないけど、なんだか厳かな気持ちになりました。同時に仏教の偉大さが、少し分かったような気がしました。

 

f:id:sho0621:20171108160320j:plain

寺院の裏側には菩提樹があります。この木の下でブッダは悟りを開いたとか。

 

f:id:sho0621:20171108160216j:plain

最後にもう一度、マハーボディー寺院を眺める。夕日が差しかかっていることもあり、神聖に見えました。

 

今回はブッダが6年間修行した『前正覚山』や、スジャータ村には行きませんでした。

でもこの旅がきっかけで仏教に興味を持ったので、また来たときは絶対に行こうと思います。

 

そんな感じでブッダガヤ編は終了!次回のコルカタ編でクライマックスを迎えます!