れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

2017年に読んだおすすめ本リスト【随時更新】

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA9V9A8531_TP_V.jpg

 

わたぽんです。今年の4月くらいから読書にどハマりして、片っ端から読みまくってきました。

 

この記事では備忘録を兼ね、今年読んだ本の中で心からおすすめする本をリストアップしていきます!

 

日本の小説・エッセイ・旅行記

ノルウェイの森

オススメ度:★★★★★

村上春樹による"究極の恋愛小説"。初めて読んだ時、立ち直れなるくらいの衝撃を受けた。間違いなく人生で1番大事な作品。

色彩をもたない多崎つくると、彼の巡礼の年

オススメ度:★★

主人公が陰鬱で孤独な大学生だったので共感できた。読後に読書評を眺めてストーリーが腑に落ちたけれども、「初見じゃ分からんやろ」と思います。

スプートニクの恋人

オススメ度:★★★☆☆

エーゲ海に浮かぶ離党を舞台に、登場人物3人それぞれが抱える孤独が繊細に描かれた小説。終わり方は微妙だったけれど。 

深い河

オススメ度:★★★★★

『神と人間』は遠藤周作の永遠のテーマ。その集大成ともいえる壮大な一冊。弱々しい人の内面と、悠然と流れ行くガンジス川との対比が素晴らしかった。

人間失格

オススメ度:★★★★★

他人を恐れるあまり、人前で道化を演じ続けてきた少年。その一生を描いた一冊。「本音を言えない」という体験は、日本人である以上少なからずあるはず。多くの日本人に読まれて当然だよなあ、と思った。

パン屋再襲撃

オススメ度:★★★★

短編集。テンポよく読めて心地良かった。「双子の話」の喪失感がたまらなく好き。

世界から猫が消えたなら

オススメ度:★★

「失う時に初めて、それが大切だったことに気づく」というメッセージ性はあるけれども、良くも悪くもTHE・現代の小説。文章が稚拙で薄い、正直言っちゃうと。

限りなく透明に近いブルー

オススメ度:★★★★

ここまで陰鬱で、希望がなくて、ドロドロとしている小説は読んだことがなかった。しかもデビュー作、衝撃的すぎた。作品全体から漂う悲壮感と、ラストの"限りなく透明に近いブルー"との対比が美しい。

坂の上の雲

オススメ度:★★★★★

列強諸国に飲み込まれないように、追いつけ追い越せで急速に文明化した頃の日本を描いている。丁寧な人物描写もさることながら、圧倒的な人間ドラマに魅せられる。坂の上の雲を目指して一心不乱に歩み続ける、そんな男達の生き様こそ理想。

職業としての小説家

オススメ度:★★★★

村上春樹の自伝。スランプに陥った時の対処法や「文章とはそもそも何か」について丁寧に語られている。あらゆる物書きにとって読む価値アリ。

遠い太鼓

オススメ度:★★★

ヨーロッパ旅行記。シーズンオフのギリシャを始め、誰もしないような旅がホントに面白い。

雨天炎天

オススメ度:★★★★

トルコとギリシャ・アトス島旅行記。まさに辺境。メジャーな旅行地ではないけど、知られざる魅力をたっぷり描いている一冊。行きたくはならなかった。

辺境・近境

オススメ度:★★★★★

メキシコ大旅行、ノモンハン来訪がお気に入り。旅行記を読むと小説のバックグラウンドが知れるので興味深かった。よく人を観察しているからこそ、表現豊かでつい吹き出してしまった。

海外の小説

遠い山なみの光

オススメ度:★★★

『微弱な光』がカズオ・イシグロの終生のテーマ。ストーリー上の大きな展開はないけど、弱々しくもひたむきに生きる人々の姿が淡々と描かれている。

グレート・ギャツビー

オススメ度:★★★★

孤独な金持ちの姿を客観的に眺めた作品。アメリカの国民的作品。栄華を極めた1920年代がよく描かれてた。

車輪の下

オススメ度:★★★★★

社会の抑圧に押しつぶされていく少年のお話。現代日本にも通じるテーマだと思う。壮絶なラストは悲愴的でありながら、どこか美しい。

変身

オススメ度:★★★★

ある日毒虫に変身してしまった男の話。特定の何かを風刺しているわけじゃないので、人によって捉え方は全然違う。読むたびに印象が変わるので面白い。

お金に関する本

「好き」を「お金」に変える心理学

オススメ度:★★★★★

『好きなことを収益化する方法』について書かれた一冊。科学的根拠に基づいているので、実践する価値は大いにある。

なめらかなお金がめぐる社会。

オススメ度:★★★★★

金融のアップデートについて書かれた一冊。来たる未来の金融のあり方が書かれている。行きづらい現代でどのように生きるか、そのヒントを与えてくれる。

お金はいつも正しい

オススメ度:★★★★

『お金=信用』を前提に、お金について平易にまとめられた一冊。これさえ読めば、「金持ちは悪」という間違ったイメージから脱却できるかと。

この世でいちばん大事な「カネ」の話

オススメ度:★★★

西原理恵子さんの壮絶な生い立ちと共に、独自のお金観について書かれた本。「お金があれば家族を守れる」という考えが刺さった。

投資家が「お金」よりも大切にしていること

オススメ度:★★★★

日本人の誤ったお金観を払拭してくれる一冊。目の前にあるお金でなく、その先に見える人の顔、社会まで見渡せるようになった。投資って別にうさんくないんですな。

働く君に伝えたい「お金」の教養

ライフネット生命創業者・出口さんのマネー本。これ一冊読めば、「お金」に対する誤ったイメージを払拭できる。保険・投資・貯蓄・使い方といったように、体系的マネーリテラシーがつくと思う。

金持ち父さん貧乏父さん

オススメ度:★★★

マネー本の王様。日本で不動産投資は微妙?だけど、マインドには学ぶところ多し。「お金に働かせる」「資産作りを意識」「学ぶために働け」

人生に関する本

諦める力

オススメ度:★★★

「諦める=明らめる」無理ゲーを続けてないので、頑張れば勝てる領域で戦え!と書いてある本。自分の力量を把握して、諦めることもまた一つの強さ。

空気を読んではいけない

オススメ度:★★★★

凡人だからこそ空気を読んではいけない。周りと同化してはいけない。自分を厳しく律しながら生きていこうと思った。

自分の中に毒を持て

オススメ度:★★★★★

インドの寝台列車の中で読んでいて衝撃を受けた。以来、人生のバイブル。「昨日の自分を殺せ!」深い...。

ゼロ

オススメ度:★★★★★

時代の寵児ホリエモン。ありのままの姿を語った本。これをきっかけにヒッチハイクして、人生が変わり始めた。すごく大切な一冊。

君がオヤジになる前に

オススメ度:★★★★

あらゆる年代のサラリーマンを対象とした本。「好きでもないことをなんとなく続けても意味はない」と教えてくれる。

チーズはどこへ消えた?

オススメ度:★★

2匹のネズミ、2人の小人のエピソードを交えながら、人生で大切なことを教えてくれる一冊。ちょっとありきたり。

無敵の思考

オススメ度:★★★★

2チャンネル創設者・ひろゆき氏の頭の中をのぞける本。独創的で合理的すぎるけど、自分の中に取り入れれば人生がぐっと楽になる。

7つの習慣

オススメ度:★★★

超有名な自己啓発本。どこかで見たことある内容ばかりだけど、よほど大事なんだなあと。

GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代

オススメ度:★★★

「与えることを第一とするギバーになれば、結果として成功する」と教えてくれた本。目先の利益よりも、コツコツ信用を蓄積ですな。

夢をかなえるゾウ

オススメ度:★★★★

取り組みやすい教えと共に、ガネーシャが夢の叶え方を教えてくれる本。「結局行動することが一番大事」だと気付かされた。

人生ドラクエ化マニュアル

オススメ度:★★★★

「人生をドラクエに見立てる」という斬新な提案をしている本。自分の人生をゲームやエンターテイメントだと思えば、気楽でいいですよね。けっこう面白いです。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

オススメ度:★★★★

いらない物を捨て自由を取り戻すための本。ミニマリズムに近い。悩んだときにサラッと読み返したい一冊。

カリスマ論

オススメ度:★★★

来るべき『評価経済社会』における新しい生き方を提案している本。ホームレス小谷さんやジョーブログさんを見ると、従来とは違う働き方が浸透しつつあることは明らかですよね。1, 2時間くらいで読めるため、就職で悩んでる人にオススメ!

働き方

未来の働き方を考えよう

オススメ度:★★★★★

「今世の中でどんな変化が起きているのか、これからどういった生き方が主流になるのか」が分かる本。非常に読みやすいので絶対読まなきゃ損。社会の変化に付いていかなければ置いてかれます。

僕たちは就職しなくていいのかもしれない

オススメ度:★★★

オタキングこと岡田斗司夫が、就職以外の生き方を提案してくれる本。書生や居候といった生き方も、昔は普通だったんですよね。つまり「働かないとダメ!」と言うのは、幻想でしかない、と。

旗を立てて生きる

オススメ度:★★★★

「問題意識を持つことの重要性」について書かれた。何かと行きづらい今の日本だけど、主体的に自分の手で旗を立てて生きたい。

多動力

オススメ度:★★★★

ITの浸透によって産業のタテの壁が溶けた今、求められるのは『多動力』。仕事を複数掛け持ちたいと思った。

エッセンシャル思考

オススメ度:★★★★

「より少なく、しかしより良く」

人生からムダをなくして、効率よく生きたい。

ブログに関する本

沈黙のWebマーケティング

オススメ度:★★★★

ブロガー必読。基本的な知識が体系的に学べる。何度も読み返したい。

沈黙のWebライティング

オススメ度:★★★★★

ブロガー必読。読みやすい文章のライティングが学べる。何度も読み返したい。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

オススメ度:★★★★★

「ターゲットは顔の見える誰か&10年前の自分」「読書の椅子に座って書く」といったように、読みやすい文章の書き方が学べる。ライティング本の中で一番オススメ!

新しい文章力の教室

オススメ度:★★★★

「良い文章=完読される文章」

読みやすい論理的文章の作り方が学べる。けっこう参考にしてます。

武器としての書く技術

オススメ度:★★★★★

ブロガー・イケダハヤト氏が、自身のブログノウハウを存分にちりばめた一冊。「文章を書くことがいかに素晴らしい」がひしひしと伝わってきました。もちろん基本的な書き方も学べます。

人を操る禁断の文章術

オススメ度:★★★★★

「人を行動させる文章テクニック」を学べる本。すぐに実践に移せるので、ブログを書くときは手元に置いておきたい。

伝え方が9割

オススメ度:★★★★

「伝わる文章のレシピ」が書いてある。有名な映画やスピーチを引用しているので、実用的かつ楽しみながら読めました。

ブログ飯

オススメ度:★★★★

ブログで飯を食っていく。そのトライアンドエラーの過程を追える本。ブロガー必読。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ

オススメ度:★★★★

「人生の母艦」としてのブログ運営が学べる本。ブログ本の中で、一番しっくりきました。

副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト

オススメ度:★★★

プロブロガー・タクスズキ氏のブログ論が学べる。サラリーマンから独立したい人は読むといいかも。

GoogleAdsense成功の法則57

オススメ度:★★★★

Google Adsenseについて網羅されてる本。ブログノウハウも書いてあるので、けっこう勉強になりました。

読書術

読書の技法

オススメ度:★★★

元外交官・佐藤優氏の読書術が学べる本。超速読・速読・精読を使い分けてるそうです。人生で読める本の数はせいぜい図書館1室分なので、本の選び方を大事にしたい。

読書のチカラ

オススメ度:★★

いかに本を読むことが大事か、を教えてくれる本。心に刺さった部分はあまりなかったけれども、「もっと読書しよう」と思えました。

本は10冊同時に読め!

オススメ度:★★★★

「本を読まない人はサルである」という言葉はけっこう強烈。とにかく読みまくって、アウトプット怠らないようにしたい。

レバレッジ・リーディング

オススメ度:★★★★★

「100倍の利益を稼ぎ出す多読術」が学べる本。一番オススメ。

ミニマリズム

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

オススメ度:★★★★

ミニマリズム本。物欲には限度がないし給料も上がりそうにないので、持たない暮らしの方が賢明ですよね。

漫画

インベスターZ

オススメ度:★★★★★

投資漫画。具体的な投資テクニックや教訓など、学ぶことがめちゃくちゃ多い。

乙嫁語り

オススメ度:★★★★

中央アジア遊牧民族の生活を描いた漫画。今まで知る機会がなかったので、かなり興味深いです。

魔法使いの嫁

オススメ度:★★★

魔法使いに買われた女の子の物語。ヨーロッパ風の雰囲気がたまらなく好きです。ただストーリー展開がちょっと遅い。

アルスラーン戦記

オススメ度:★★★

中央アジア〜中東あたりの大国、その隆盛を描いた漫画。人間ドラマに魅了されます。

ゴールデンカムイ

オススメ度:★★★★

開拓時代の北海道を舞台にした漫画。アイヌ文化が新鮮で面白い。

神のみぞ知るセカイ

オススメ度:★★★

ギャルゲーのごとく女の子を落としまくっていく漫画。アプリを使えばタダで読めるので、暇つぶしに。

出会って5秒でバトル

オススメ度:★★

よくある異能力漫画。アプリを使えばタダで読めるので、暇つぶしに。

からかい上手の高木さん

オススメ度:★★★

ほのぼのとした日常漫画。高木さんが可愛い。

異世界居酒屋「のぶ」

オススメ度:★★★★

料理漫画。「異世界×居酒屋」というコンセプトが面白いです。

ダンジョン飯

オススメ度:★★★★★

こっちは「ダンジョン×料理」。なんだか今年は料理漫画が多いなあ。

3月のライオン

オススメ度:★★★★

将棋漫画。中学生棋士・桐山零くんの成長していく姿が圧倒的に面白いです。

宇宙兄弟

オススメ度:★★★★★

兄弟で宇宙飛行士を目指していく物語。シュールなギャグも熱いストーリーも最高。自信を持ってオススメします!

東京喰種:re

オススメ度:★★★★

東京喰種の続編。キャラクターが一気に増えて複雑だけど、安定で面白い。戦闘シーンの迫力が上がってます。

その他

ストレングス・ファインダー

オススメ度:★★★★★

簡単なWebテストを通して、自分の隠された5つの強みを知れる本。就活生・人生に悩んでる人に読んでほしい。ホントに人生を変えるきっかけになるかもです。

おとなの教養

オススメ度:★★★★

「科学」「宇宙」「宗教」「病気」といった基礎的教養を学べる本。このぐらい抑えるだけでも、世界の見え方はぐっと変わります。

池上彰のよくわかる世界の宗教 イスラム

オススメ度:★★★

イスラム教に興味があったので手にとってみた本。どんな宗教なのか、今どんな問題が生じているのか、ざっくり学べます。

池上彰と考える仏教ってなんですか?

オススメ度:★★★

池上彰さんとダライ・ラマ法王の対談本。「仏教とは、善く生きること」という言葉が印象的。

ポジティブ・チェンジ

オススメ度:★★★★

科学的根拠に基づいた「人生の変え方」を学べる本。すぐにでも生活に取り入れることができます。行動しないと意味ないけど。

自分を操る超集中力

オススメ度:★★★★★

集中力の高め方、高めるための生活習慣を学べる本。睡眠から食生活まで網羅されてます。働いてる人は読まなきゃ損!

マンガみたいにすらすら読める哲学入門

オススメ度:★★★★

古代ギリシア時代から20世紀哲学までザッと学べます。軽いので、読み物として面白かった!

超訳 ニーチェの言葉

オススメ度:★★★★★

人生で迷った時に読み返す本。それぞれの悩みにあった言葉が、ずらりと並んでいます。ポジティブな気持ちになれるのですごく好き。

語学の西北

オススメ度:★★★★

著者のペルー留学を題材にした本。スペイン語の世界を眺めることができます。文章がユーモアに富んでいて面白かった。 

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね

オススメ度:★★★☆☆

ホリエモンひろゆきの対談本。1, 2時間程度でサクッと読める。ちょっと前衛的な内容だけれど、彼らはネット社会を熟知しているので、学ぶべきこと・取り入れるべきことは多い。 

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

オススメ度:★★★★

50ヶ国以上旅してきたちきりん氏、独特な視点と共に社会のあらゆる物事について書かれている本。海外旅行好きの方は読むと面白いでしょう。