れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

【2017】自己啓発本おすすめ20選を年間200冊読むぼくが紹介

f:id:sho0621:20171005151136p:plain

読書は最大の自己投資である。

 

ぼくは年間200冊以上の本を読みます。自己啓発本・ノウハウ本・ビジネス本を中心に。

 

この記事では今まで読んだ中でも、特にオススメの本をジャンル別に紹介していきます。

 

大事なポイントはたった1つ。「その本から何を得たいのか」を考えてから読むことです。そうすれば、自己投資としての読書の効果は倍以上になるでしょう!

1. まず最初に絶対読むべき「読書」に関する本

1-1 レバレッジ・リーディング

ぼくは年間200冊以上の本を読んでいるのですが、確実にこの本のおかげです。成功するための『多読術』が体系的に学べます。

 

「ビジネス書を読みまくって、成功を掴みたい!」という人は絶対に読む必要があります。なぜなら、多読こそが最高の自己投資であるからです。

関連記事:1500円の本代を15万円にする多読のすすめ | レバレッジ・リーディング - れーぞん・でーとる

 

1-2 本は10冊同時に読め!

元日本マイクロソフト社長・成毛眞さんが、『読書の重要性』について書いた本。

 

成毛さんは「読書をしない人はサルである!」とまで言い切ります。それくらい本を読むことが大事であるというわけ。

 

なぜ本を大量に読むべきなのか、どのような種類の本をいかに読むべきかを学べるので、まず最初にオススメしたい一冊です。

関連記事:本を読む意味って?読書がもたらす5つの効果を、本の虫が教えます

 

2. 今の自分を変えたいときに読む本

2-1 ゼロ

失敗して失う物なんて、たかが知れている。

なによりも危険なのは、失うことを恐る余り、一歩も前に踏み出せなくなることだ

実業家・堀江貴文氏が出所後に初めて書き下ろした一冊です。何もかも失いゼロになった彼が、自身の半生や人生観についてありのまま語っています。

 

ぼくもこの本を読んでからヒッチハイクに挑戦して、人生が少しずつ変わり始めました。

 

最初は誰しもがゼロ。そこに小さなイチを足し続けていくだけ。今の自分を変えるべく、一歩踏み出す勇気を与えてくれます。

 

関連記事:文系大学生が二週間のヒッチハイクひとり旅で成長した話をしよう - れーぞん・でーとる

堀江貴文「ゼロ」を読んだ。魂が震えた。 - れーぞん・でーとる

 

2-2 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

本書は一気に読み進むこともできるが、今後何十年にもわたって、あなたの才能を開花させるための指針となるだろう。

絶対に読むべき。自分の中に隠された5つの才能を教えてくれる一冊です。自分の強みを把握することで、何をすべきか、どう生かすべきかが見えてきます。

 

「何をやればいいのか分からない」という人はぜひ読んでみてください!きっと今後の人生におけるヒントが手に入るはずです。

 

2-3 夢をかなえるゾウ

 ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。 

成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで 

170万部以上売れているすごく有名な自己啓発本。成功するための方法が、超実践的かつ面白おかしく書かれています。

  • 靴を磨く
  • コンビニでお釣りを募金する
  • トイレ掃除をする

誰でもできそうですよね?でも、人は本を読んだだけで満足してしまい、行動に移しません。だから成功は掴めないのです。

 

「本当に夢を叶えたい」という人はぜひ読んで、そして実践してほしいと思います。

 

2-4 ポジティブチェンジ

メンタリストDaigoさんが「自分を変える超具体的な方法」を教えてくれる本。科学的根拠に基づいてるので、非常に信頼できる一冊です。

 

小学生時代はいじめられっ子だったDaigoさん。ある事件をきっかけに、自分の力でポジティブな性格を手に入れたそうです。

 

「今の自分を変えたい」あなたにオススメ!1, 2時間くらいでサクッと読めます。 

 

3. 周りの目を気にして、行動できないときに読む本

3-1 自分の中に毒を持て

ただし、その瞬間にベスト尽くすことだ。

現在に、強烈に開くべきだ。未練がましくある必要はないのだ。

太陽の塔」でおなじみ、日本を代表する芸術家・岡本太郎氏が死ぬ間際に残した一冊。孤独に戦い続けた彼の熱い人生訓が書かれています。

 

インドの夜行列車に乗っている時に読んだのですが、魂を激しく揺さぶられました。生ぬるい今の常識を痛烈に叩き斬る、ぼくの人生のバイブルです。

 

道に迷った時、悩んだ時、手にとってみてください。絶対にヒントを与えてくれます。 

関連記事:他人の人生を生きて何の意味があるのか?【岡本太郎】 - れーぞん・でーとる

 

3-2 本音で生きる

時間は誰にとっても有限だ。

先のことが不安でしり込みをしているくらいなら、その場しのぎの言い訳はやめ、今すぐ一歩でも先に動いたほうがいい。

「周りに嫌われそう・・・」

「時間もないし、お金もないから・・・」

 

「自分の本音を出せない」という経験は誰しもあります。この本は、そんなあなたの背中をそっと押し、やりたいことに踏み出す勇気を与えてくれます。

 

3-3 嫌われる勇気

欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という考えのもと、最近流行りのアドラー心理学が分かりやすくまとめられた一冊です。

 

読み終わった時、肩がフッと軽くなったように感じました。なんらかの悩みを抱えるすべての人にオススメ!

 

3-4 空気を読んではいけない

他人の目を気にして、やりたいことができないあなたにオススメの本。著者は格闘家・青木真也さん。

 

自分の人生を生きたいのならば、群れてはいけない。

誰かと同じような夢をただ口にして、他人の幸せの基準に合わせていては、いつまで経っても、自分の人生を生きることはできない。

シビれる言葉がたっぷり書いてあります。 結果を出すためには、あえて群れないことも大切であるというわけ。とにかくモチベーションを上げてくれるので、最高の一冊です。

関連記事:凡人こそ空気を読んではいけない - れーぞん・でーとる

 

4. 現代の新しい生き方・働き方を教えてくれる本

4-1 無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

「考え方」で人は、〝幸せ=無敵〟になれる

2ch管理人・ニコニコ動画創設者であるひろゆき氏の頭の中をのぞける本です。

 

  • 生活コストを上げないべし!
  • ものづくりを趣味にするべし!
  • 「根拠のない自信」を持つべし!

今の不況の日本で、どう考え方を変えれば幸せになれるかが書いてあります。かなり独特な思考ですが、新しい視点や価値観が味わえる一冊です。

 

関連記事:ひろゆき「無敵の思考」誰でも今すぐ幸せになれる21のルール! - れーぞん・でーとる

 

4-2 多動力

これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。

このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

ホリエモンこと実業家・堀江貴文氏による大ベストセラー本です。

 

1つの仕事を40年も続ける時代は終わりました。これからは『多動力』を身につけ、複数の仕事をハシゴしまくるのです。

 

この本を読めば現代をどう生きるべきか、どう働くべきかが分かるはずです。サクッと1, 2時間で読めるので、ぜひ手にとってみてください。

 

4-3 旗を立てて生きる

社会の課題を見つけたら、ブログやツイッターを駆使して、自分で旗を立てろ

プロブロガーとして高知の山奥で暮らしているイケダハヤト氏の著書。社会のレールがぶっ壊れた現代における、新しい生き方と働き方を提案してくれる一冊です。

 

「お金のために働くこと」に限界がある今、社会の課題を発見し、自ら旗を立てて生きるべき。そのためのツール(SNS、ブログ、Youtube)は揃っています。特に迷える若者にオススメ。

 

4-4 人生ドラクエ化マニュアル

人生をドラクエ化する禁断の方法をアナタは知りたくはないか?

人生をドラクエに見立てることで、ワクワクする毎日を送る方法が書いてある一冊。著者は元スクウェア・エニックス社員です。

 

ぼくも子供のころはよくゲームにハマったものです。その気持ちをもう一度呼び覚まし、人生という名のRPGを始めてみませんか?

 

平易な文章なので、1時間ほどで読めます。単純に読み物としてもオススメ!

関連記事:「人生ドラクエ化マニュアル」で最高のゲームを始めよ! - れーぞん・でーとる

 

4-5 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

月間200万PV越えの大御所ブロガー・ちきりんさんの著書。現代における新しい働き方を提案してくれる一冊です。

 

AI・グローバル化・長寿化。社会はめまぐるしいスピードで変化し続けているわけですが、この本を読めば大体の流れが掴めます。前向きに新しい時代の到来を楽しむためにも、ぜひ読んでおきたい。

 

5. 一番大事な「お金」に関する本

5-1 投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資家の藤野英人さんが『お金の本質』について丁寧に書いた一冊です。

 

「お金について考えることは、人生について考えること」という考えのもと、「働き方」「生き方」「お金」についてじっくり教えてくれます。

 

日本人は『お金』に汚いイメージを持ちがちですが、そんな誤った価値観を180度ひっくり返してくれました。

関連記事:お金の価値観が180度変わる本 | 投資家が「お金」よりも大切にしていること - れーぞん・でーとる

 

5-2 金持ち父さん貧乏父さん

本書は金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。

世界中の成功者・経営者の愛読本。お金持ちになる方法・お金についてぎっしりと書かれています。

 

始めは「うさんくさい・・・」と思ったのですが(正直)、「お金」に対する価値観がガラリと変わりました。

 

  • お金のために働くのではなく、お金に働かせる
  • 持ち家は資産ではなく、負債

お金の問題を抱えている人、将来が漠然と不安な人にオススメです。

関連記事:『金持ち父さん 貧乏父さん』から学ぶ賢い働き方とお金の使い方 - れーぞん・でーとる

 

5-3 お金はいつも正しい

「お金=信用」

 

実業家・堀江貴文氏が「お金」に対して無知なぼくたち日本人に、正しいマネーリテラシーを一から教えてくれる一冊です。「お金」の悩みを少なからず抱えている人は絶対に読むべき。

関連記事:お金の本質を見抜き、自由自在に使いこなす | お金はいつも正しい - れーぞん・でーとる

 

6. 「大事なモノ」に集中したいときに読む本

6-1 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

「本当に大事なモノ」に気づかせてくれる本。著者はニュージーランドで半自給自足生活を送る四角大輔さん。

 

20代は捨て。

今後の自分にプラスにならないと思ったものは、潔く捨てればいい。

捨てれば捨てるほど、視界と思考からノイズが取り除かれ、本当にやりたいことが明らかになる。

自由であるためには捨てること。シンプルな生活を提案してくれる素晴らしい一冊です。1,2時間くらいでサクッと読めます。全ての若者に読んで欲しい。

関連記事:絶対に読むべし!『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』 - れーぞん・でーとる

 

6-2 エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

世の中は多くのモノで溢れかえっています。そのせいで、本当に大事なものが見えにくくなっている。

 

そんなあなたに読んで欲しい本がこちら。「より少なく、しかしより良く」、99%の無駄を捨て1%の大事なモノに集中するためのシンプルライフを提案してくれる一冊です。 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

気になった一冊を手にとってもらえると、幸いです!

 

また別記事でもおすすめ本をまとめているので、あわせてどうぞ!