れーぞん・でーとる

立教生が旅・大学生活・サブカルについて好き勝手発信していくブログだよ!

本を読む意味って?読書がもたらす5つの効果を、本の虫が教えます

f:id:sho0621:20171019093855p:plain

「本を読まない人はサルである!」

元日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 成毛眞

 

にも関わらず、大学生約50%の1日の読書時間は0分。全国大学生活協同組合連合が明らかにしました。

 

「大学生の半分が全く本を読まない」って、かなりインパクトありますよね。そのくらい若者の読書離れは深刻化しているのです。

 

一方、スマートフォンを使う時間は右肩上がりで増えています。一台でなんでもできるから、そりゃ便利。

 

かくいうぼく自身、大学に入学するまでほとんど本を読んだことがありませんでした。

年間200冊読むことで、読書の効果を実感した

転機は大学二年次の春。堀江貴文著「ゼロ」がきっかけで、すっかり読書にのめり込むようになりました。

食わず嫌いせずに読み漁り、今では年間200~300冊は軽く読みます。

 

何より感じるのは、「読書によって得られた変化」。大量に本を読みこなすことで、人生に良い影響を与えてくれました。

 

というわけでこの記事では、読書がもたらす5つのメリットを紹介していきます。

 

読書がもたらす5つのメリット

1. 他人の蓄積したノウハウを、自分の人生に生かせる

f:id:sho0621:20171019093250j:plain

一冊の本には著者の人生がまるごと詰まっています。読書をすることによって、「他人が人生をかけて手にれた知識・教訓」を吸収することができます。こうして得たノウハウを活用することで、自分の人生に生かすことができるんですよね。

  • 本を読まずに0から生きる
  • 本を読んで、先人の力を借りながら生きる

 

数十年分の成果はたった1,500円で手に入ります。一体どちらが賢い生き方でしょうか?おトクに生きたいのなら、本を読まない手はない!

 

おすすめ本↓

2. 想像力・思考力が身につく

f:id:sho0621:20171019093306j:plain

なぜなら、本を読むには想像力が必要だからだ。

たんなる活字の並びを目でなぞり、そこから遠い異国の情景を思い浮かべたり、目に見えない哲学や理論を構築したりするのだ。

元日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 成毛眞

読書をすることによって、想像力や思考力がみるみる上がっていきます。つまり、頭が良くなるのです。

 

成毛さん曰く、「本をよく読む人は地位や収入に関わらず、品性がある」とのこと。 外見は大丈夫でも、中身はごまかせません。本を読むことによってのみ、自分の内側を鍛えられるわけです。

 

おすすめ本↓

3. 非日常を体験できる

f:id:sho0621:20171019093324j:plain

本を開くと、あなたの知らない世界がどこまでも広がっています。そして読書をすることによって、そうした非日常が体験できるんです!

 

新しい価値観や視点に触れることで、普段の日常を違った角度から眺めることもできます。本を読むことに没頭すれば、ストレス発散にもなるでしょう。いずれにせよ損はありません!

 

おすすめ本↓

4. 知識や教養が身につく

f:id:sho0621:20171019093358j:plain

ネット上の情報はバラバラで、間違っていることもしばしば...。一方、本を読めば体系的に知識を学ぶことができます。

 

読書をしない人は、歌舞伎を観に行っても「玉三郎さんきれいだったね」という程度の感想しか持てないだろう。オペラや陶芸、絵画もそうである。ある程度知識がある人とない人とでは、見る視点がまったく違ってくるのだ。

元日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 成毛眞

「 知識の有無によって世界が違って見える、その知識は本を読むことによって得られる」というわけですね。

 

おすすめ本↓

5. 大多数から抜け出せる

f:id:sho0621:20171019093206j:plain

 

一流の人間は、みんな熱心な読書家。忙しい日々の中でも、本を読む時間だけは確保しています。実際、「読書量が多い人ほど年収が高い」というデータも数多くあるんですよね。

 

「読書離れ」が進んでいるため、少し本を読むだけで周りから抜け出すことができます。自分だけの価値をつくることで、大きな成功をつかめるのです!

 

有名CEOのおすすめ本↓

おわりに:まずは週1冊から!読書習慣を身につけよう

何よりも一番の効果は、「あなたの狭い視野をぐんと広げてくれること」

 

まずは月1冊でも、週1冊でも構いません。少しずつ読書習慣を身につけて、人生を好転させていきましょう!

 

以下の本を読めば、『読書の魅力』をより強く感じるはず。