わたぽん/伊藤渉(いとう わたる)のプロフィール

自己紹介

学生エンジニア兼ブロガーのわたぽん(@ponwatapon)です。

 

大学2年時に休学してセブ島留学、西日本横断ヒッチハイク、インド一人旅、IT企業で学生エンジニアしてました。最近はプログラミングとブログ運営に力を入れてます。

 

休学中の活動は「休活ブログ」にて寄稿させていただきました。

>伊藤渉|休活ブログ

 

このブログ「FIGHT BLOG」は学生エンジニア兼ブロガーである僕が、プログラミング・エンタメ・大学生活・旅・ブログ運営などについて好き勝手書く雑記ブログです。お陰様で最高26万PV/月を達成しました。ちなみに映画好きなら分かると思いますが、タイトルはデヴィット・フィンチャー監督の「ファイト・クラブ」のパクリオマージュです。

 

詳しい経歴

生誕〜中学生時代

ごく普通の4人家族の元に次男として生まれました。「世間を渡り歩いていけるように」と名付けられましたが、社会不適合気味になることはまだ知らず。。。

 

小学校では野球とサッカーに明け暮れ、「キン肉マン」にどハマりして友達にプロレス技を掛けて回り、クラスではムードメーカーという絶対的立ち位置を確保。僕の黄金時代。比較的明るい時代でした。

 

勉強は好きだったのでそれなりにこなしつつ、中学校に上がってからはサッカー部に入り、三年時には副部長に。またアニオタに目覚めたのもこの頃。原因は「とある魔術の禁書目録」と「CLANNAD」でして、学校をサボっては2クールぶっ続けでアニメを見てました。ちょっとした黒歴史。

 

高校時代

地元の公立高校へと難なく入学。高校でもサッカー部に入部しましたが、思ったよりも周りのレベルが高くてあまり良い思い出はありません。加えて顧問による独裁体制が横行していたので、周りの顔色を伺いつつ、殴られないようにいつもビクビク過ごしてました。

 

1,2年間辛い時期を過ごした後、3年になって慣れてきたのか体育祭の応援団長になったり、友達と馬鹿騒ぎするように。嫌なことも沢山ありましたが、なんだかんだで充実した高校生活でした。

 

10月に行事を終えて受験勉強を本格的に開始。勉強にどハマりし、半年で偏差値20ほど上げて、あまり苦労せずに立教大学へ入学。とまあ、ここで青春時代は終わりを迎え、長く暗い大学生活へと突入します。

 

大学時代

就職に強そうだから経済学部を志望し、「食堂がオシャレだから」という理由で大学に入った僕。目標なんてものは全くなかったので、人生初の燃え尽き症候群に陥り、死んだ魚の眼をしながら生きていました。さらにこの頃恋愛方面でうまくいかなかったので、完全にこじらせサークルにはも入らず、1年半近く孤独な日々が続くことに。

 

なんとなく学校に通っては講義のノートを取り、惰性でバイトに明け暮れ、時間を潰すかのように金を使いました。当時の記憶ってあまりなくて、とにかく何もかもうまくいかないような気がしてなりませんでした。暗黒時代。

 

そんな感じでダラダラ過ごしていくうちに「このままじゃダメになる」と思い、大学を辞めようかと思いました。でも退学してまでやりたいことはなかったし、社会にポンと放り出されても何をすればいいか分からなかったのでとりあえず休学してみることに。

 

休学時代

大学に入学してから狭いコミュニティで単調な毎日を送っていたので、色々手当たり次第にやってみることにしました。最初は「金髪美女と付き合いたい」という安易な理由で英語を勉強することに。欧米だと高くつくので、ひとまず安いセブ島へ。

 

南の島で3ヶ月間生活し、多様なバックグラウンドを持つ人々と交流する中で自分の世界が広がっていくように日々実感し、次第に心のモヤモヤが晴れていきました。英語力もガッツリ向上したのですが、1番の収穫は出会いだったのかなと。台湾人の家族が出来たり、浴びるように地元ビールを飲み交わしたり、ジンベエザメに蹴りを入れたりとめちゃくちゃ楽しかった。

 

帰国後、ふと旅に出たいと思い立ち、東京から屋久島までヒッチハイクで行きました。きっかけは堀江貴文の「ゼロ」を読んだこと。初めは足が震えてしょうがなかったけど思ったより簡単で、運んでもらったりご飯を奢ってもらう中で、人の優しさを身にしみて感じました。スロバキア人ヒッチハイカーと一緒に旅したり、極寒の宮島SAで野宿したりとハプニングの連続でしたが、ゴールである屋久島・太鼓岩から眺めた絶景を僕は一生忘れません。

 

「今度は外国っしょ!」ということで、インドを3週間旅行しました。自由奔放すぎるインド人、誰もが経験する食当たり、朝まで来ない電車。カオスすぎて振り回されっぱなしでしたが、常識の通用しない国で過ごした日々はいい経験。中でもガンジス川のある街・バラナシで、火葬場の風景を1日中眺めながら「死」について考えたことが、今後の人生の方向性を決定づけたような気がします。

旅を通してITの将来性を強く感じ、帰国後はプログラミング学習を開始。独学とプログラミングスクール受講で基礎を身につけ、渋谷のIT企業で学生エンジニアとしてジョイン。その会社は半年で辞めてしまったのですが、アフィリエイトに興味を覚えてこのブログを運営し始め、月間26万PVを達成し、月5万くらいは稼げるようになりました。それからまたWeb制作の仕事を再開した感じです。

 

これからの人生について

最近はWeb制作に注力していて、大学卒業までに月収50万くらいを目指しています。企業で働いたり独学したりする中でスキルを身につけ、ノマドワーカーとしてPC1台で働き、世界中を歩き回り発信し続けることが当面の目標。もちろん世の中の役に立つWebサービス開発にも携わりたい。

 

お問い合わせは「ponwataponあっとgmail.com」まで!Twitterもやってます〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です